ホーム > 新着情報 > 社長のアタマの中を見る
新着情報
2019.08.25

社長のアタマの中を見る

 トランプの一人遊びに「ソリティア」というゲームがあります。Future SWOTカードゲームの使い方にも、一人でやれるパターンはないだろうか?ということで、ここしばらく考えていたのですが、どうにかそれらしい形になってきたので、今日はその原案みたいなものを共有させて頂こうと思います。さて、どんな遊び方なのでしょうか?

 使うもの:Future SWOTカードゲーム一式、メモ帳と筆記用具、模造紙と糊、中太マーカー(チップは使いません)
 遊び方:
① カードをよく切って、山のまま裏向きに置く。
② 会社の先行きについて考えながら、カードを一枚山から引いてくる。
③ カードのキーワードから連想できたものをメモ帳に書きつける。
④ メモ帳は、一枚一イメージに止め、カードをめくるたびに新しいページを使う。
⑤ 52枚全部使わなくても、疲れたところまででおしまい。
⑥ メモ帳のページをバラバラにして、よく切る。
⑦ ランダムに並べたメモ帳のページのうち、似ているものを集める。
⑧ 集めたグループが意味する内容を一言で表した表札をつける。
⑨ グループ同士の関係がわかるよう、模造紙の上に展開する。
⑩ 糊でページを模造紙に貼り付け、グループ間の関係をマーカーで書き表す。

 こういうふうに使うと、社長のアタマの中にある未来の姿が可視化され、紙の上に現れてくるのです。ちょっと面白い使い方だと思いませんか?

 実は先日、中小企業診断士業界の重鎮と意見交換させていただく機会があり、そこで認識を新たにしたのは「中小企業の将来はひとえに社長個人にかかっている」という厳然たる事実でした。Future SWOTは設計思想として社員が持っている知恵や潜在的な情報を活用するという要素があるため、これまでどうしても経営者個人にフォーカスする要素が弱かったのですが、そこで考えたのが「だったら社長が使えるようにすれば良いよね!」ということでした。

 上に紹介した方法で、まずは社長さん一人に使ってもらって、ご自身のアタマの中を可視化するプロセスを体験いただく。そのうえで、「それなら社員にも、」という方向に展開していったほうがよっぽど妥当性を理解してもらいやすい、ということですね。

 たとえどんなに素晴らしい機会を手にした会社でも、経営者の心構えのステージが十分に上がっていないと、その会社は成長機会に適合できずに滅びてゆくことになります。その必要性を社長自身に感じてもらうためにも、まずは自らのアタマの中を可視化してみよう。カードの売り方も、少しずつそんなふうに切り口を変えてゆきたいと思っています。