ホーム > 新着情報 > SWOT分析は何のために
新着情報
2019.07.25

SWOT分析は何のために

 コンサルティングのツールであるFuture SWOTはそのネーミングや商品構成から、どうしてもカードゲームが目立ちますが、キモとなる部分はSWOT分析のプロセスにあります。カードの成果をSWOT分析につなげられるように、上手く発言内容をまとめるところがファシリテータの腕の見せ所となります。そのうえで、10年後の会社について参加者が考える「強み」「弱み」「機会」「脅威」を上手く絞り込むことが求められるのです。

 ここで注意したいのが、アイディア・マイニングによって広く浅く集められた社内の死蔵情報は、SWOT分析で捨象されるには勿体ないと感じられるくらいの広がりを持ったものになる場合があることです。こんな場合にはどうすれば良いのでしょうか?

 そもそもFuture SWOTは、社員の持つ情報を戦略に生かすためのツールですので、戦略作りに使われなかった情報は当然に棄却される運命を辿ります。そして戦略作りは当然ですが事業の発展と企業の存続・成長のためになされるものなので、棄却される情報に対する救済措置は初めから予定外です。ポストイットやパワーポイントに書き留められるだけにとどまった数多くの情報がこの時点で廃棄され、忘却されてゆきます。ワークショップを手掛けていて、いつも思うのは「ちょっと勿体ない」措置だということです。しかしながら。

 たとえ対象が会社の10年後という、あくまで観念的に想定されたものであったとしても、その時点での成長と繁栄のための戦略は、予算と工程を裏付けとした実戦的なものであるべきだというのがFuture SWOTの設計思想です。なので、たとえそれが優秀な精子でも、卵子への到達が2番目であったなら、その遺伝子が棄却されざるを得ないのと同じように、チャンピオン戦略として残れなかったアイディアは、数多くの情報と同じように棄却されてゆきます。

 これが会社の現状を把握するためのSWOT分析、いわゆるToday’s SWOTだといささか趣が異なります。現状その会社が持つ強みとそれを生かしうる機会については、それらを網羅的に把握しておく必然性があるからです。

 残念ながら、10年後の会社について分析するための根拠となる経営環境については、「こうなったら良いのにな」といった希望的観測が織り込まれたり、「よくわからないが、おそらくこうなっているのではないか」などの不確かな予測も混じっているため、それを前提とした考えについて網羅的な把握をすることはあまり意味を持ちません。故にFuture SWOTでは、勿体ないと思いつつも2番目以下の戦略案を棄却する、というやり方を採用しているのです。

ただし、経営者の関心が向く範囲において、2番目あるいは3番目の戦略案を記録しておいていただけることは決して悪いことではありません。コンサルティングで話題として取り上げることがあるかと言われれば、それはないかもしれませんが、変化の激しい世の中において、第二案以下の戦略が意味を持つ日が来ないとは誰も言えないでしょうから。