ホーム > 新着情報 > いつも会社の事だけを考えていると
新着情報
2019.07.18

いつも会社の事だけを考えていると

 コンサルタントをしていると、創業者社長と二代目以降の社長とでは、経営に対するものの考え方が随分と異なるという場面にしばしば出くわします。自ら創業して大きくなった社長には、「人の話を聞いてみる」というタイプの人はあまり多くありません。反対に、二代目以降の社長には「周りの知恵を使おうとする」タイプが割と普通にいます。その違いはどこにあるのでしょう?

 創業者社長の場合は、これまでをご自身の努力と裁量で乗り切って来られたという経験がそうさせているのだと思うのですが、自ら考え、自ら率先して動こうとする傾向が強く見られます。従業員をはじめとする関係者は、社長の考えについて行くことが仕事で、全体として上手く回っている、という絵姿です。

 仮説ですが、創業者社長と二代目以降の決定的な差は、「世の中に会社のことを自分より知っている人が存在する人(二代目以降)とそうでない人(創業者)」の違いではないかと思います。創業者でも、会社をはじめて間もないころに出会ったパートナーなど、同じように長い時間を会社のために使ってきた仲間がいる場合は少なくありません。

でも、むしろそうだからこそ会社についてどう責任を取ったら良いかということについて、第一者として考える自分とそうでないパートナーとの意識の差を、創業者社長は身に染みて分かっているのだと思います。長い時間積み重ねられた意識の違いは、今更埋めようがない、ということですね。

「まず人の話を聞く」という態度は一見すると丁寧で謙譲の美徳を表すような響きがありますが、そのような状況下で常に経営責任を取ることだけを考えている創業者社長からすると、いささか無責任な態度にも見えてしまうのです。

他方で二代目以降の社長にとって、先代の知恵やベテラン社員の経験値は、望んでも自らの手に入るものではありません。自分が責任を取るべき会社について、自分が至らない部分があることを分かっていればこそ、人の話を聞いてみようという意識が先に立つのです。

Future SWOTは、社員の知恵を掘り起こしてその中から10年後のメシのタネを見つける、というアプローチです。セミナーなどでこの考え方を説明していると、反応してくれるのは比較的若い二代目以降の社長さんが多いようです。その背景にも、創業者と二代目以降の意識の差があるのではないかと、今のところそのような仮説を立てて対応している状況です。