ホーム > 新着情報 > 未来が見えるとワクワクできる
新着情報
2019.06.18

未来が見えるとワクワクできる

 最近、これまでになくセミナーやワークショップなどでFuture SWOTの話をする機会が増えています。初めての方に仕組みを説明し、カードゲームのデモンストレーションを見ていただくと、多くの場合は何か「肚落ちした」というような反応を示していただけることが多いです。それはどのような点によるのでしょうか?

 経営者や人事担当者、若手社員などさまざまな方に聞いて頂いた上での反応は、やはり若手社員の関心が高いようです。他方で、特に高齢の経営者にはあまり関心を示してもらえません。より持ち時間の長い若手の反応が良いと言うことは、やはり「10年後」を考えられるだけの時間軸を持てているかどうかの差なのかなと感じています。

 もしもFuture SWOTで、ほんとうに自社の未来が見えるとして、一番ワクワクするのはおそらくベテランよりも若手社員なのだろうと思います。他方でFuture SWOTの導入について意思決定の権限を持っているのはやはり経営者(多くの場合はベテラン)なわけです。なので、どのようにしてその効用を訴求すれば良いのか、だいぶ頭を悩ませることが多かったのですが、最近のワークショップで聞いたところ、「永続する増収増益のしくみづくり」というフレーズが良いのではないかという結論に達しました。

 このフレーズは、社内で年齢層別にFuture SWOTを実施してもらえるようになれば、次から次へと提案が準備され、確度の高い新規事業が展開されるようになることから、体質的に増収増益を見込めるという考え方を表したものです。カードゲーム導入との間には若干以上のタイムラグがあるのですが、もしも経営者がカードゲームに興味を示してくれるとすれば、やはりそれは会社の収益に関係する理由によるものだろうと思ったわけです。

 ということで、このウェブサイトも含めて「増収増益」がFuture SWOTの合言葉みたいになっています。カードゲームそのものについて言えば、以前と変わらず「未来を覗き見することのワクワク感」みたいな効用が大きいのですが、お金を払って民間企業に導入してもらうからには、それが利益を呼ぶものであることを前面に押し立ててゆこうと思っています。今以降も引き続き、各所でセミナーやワークショップを開催して行きますので、どうぞよろしくお願いします。