ホーム > 新着情報 > 経営理念が果たす絶対的に重要な役割とは(戦隊ヒーローにおけるイケメンの罪)
新着情報
2019.06.08

経営理念が果たす絶対的に重要な役割とは(戦隊ヒーローにおけるイケメンの罪)

 人は、時として判断に迷うものです。迷ったときに正しい判断を下すため、判断基準として頼れるものがあるかどうかはどうかすると人の生き死にを決める要因になることもあるくらい重要なものなのです。どうして人は迷うのでしょうか?

 ・・・と、今日はのっけから硬ーい話になってしまいましたが、Future SWOTでチャンピオン戦略を考えていると、甲乙つけがたい排他的な二つの案のうち、どちらかを選ばなくてはならなくなることがたまにあります。そういう時に頼れる判断基準となってくれるのが経営理念です。わかりやすいように、今日は戦隊ヒーローの例でお話ししたいと思います。

 たとえば、若干視聴率の振るわない子供向け戦隊ヒーロー番組があったとしましょう。主役のイケメン俳優4人のうち2人が子供のお母さんたちに人気で、サブキャラは昨年の新人賞を取った美少女アイドル、主にお母さんたちによるSNSの書き込みも多いとします。でも視聴率にはつながらない。毎度似たような展開が子供に飽きられたのかもしれません。

このような場合に、SWOT分析の常道として「強みを機会に投入する」という考え方があるので、「イケメン」という強みを「お母さんたちの人気」という機会に投入することを考えてみましょう。いままでよりもイケメンを出すわけですから、主役の素顔を(しかもアップで)写す時間が増えます。使える時間が決まっている番組の展開上、戦闘シーンが削減されて、どうかすると恋愛系の場面が増えたりすることになりかねません。

そうすると、子供たちはますます番組から離れるようになるかもしれません。ヒーロー番組路線で行くのか、あるいはイケメンをお母さんたちの期待に添わせるのか。そもそも番組制作の理念は何なのか?ということがここで問われるわけです。

このような番組でも、ふだんは誰も見ない企画書には、番組制作の目的として「勧善懲悪的なストーリーにおいて正義の役割を明示的に展開することで、明日を担う青少年の健全な育成に資する番組を目指す」、みたいなゴタクが並べてあるのではないかと思うのですが、実はそれこそが参照されるべき拠り所なのです。

SWOT分析は、通常いつも目に見える現象の仕分けから始まるのですが、その意味では確かに「イケメン・美少女」はTV番組としての「強み」でしょうし、子供向けヒーロー番組における母親の視聴率、というのも「機会」と分析されるケースが多いと思います。そうすると、「強みを機会に投入する」という戦略構築の考え方そのものは必ずしも間違っているとは言えないわけです。ではなぜ「イケメンを母親に見せる」がよろしくないのか?

もうお分かりだと思うのですが、目指すべき番組制作の目的、すなわち企業にとっての経営理念は、明日の青少年のために勧善懲悪的なストーリーを目指しているわけで、お母さんたちのことや恋愛モノやイケメン強調は一切謳われていないわけです。「戦略は、経営理念を実現するためにこそある」ことが、ここでイケメン路線を否定する最大の理由になるわけです。

むろん、背に腹は代えられませんから、少しでも視聴率を稼ぐためにちょっとしたバリエーションとしてイケメンのアップが増えたりすることはあるかもしれません。でも、たとえそうだとしても完全に路線転換することがありえないのは、この事例では番組の制作目的が極めて明快だからです。

むしろ、もっと「明日の青少年=子供」に寄り添うことで、本来の訴求力を回復して視聴率アップにつなげるなどの対策が、チャンピオン戦略としては望ましいわけです。たとえばいじめの問題や、少子化あるいは地球環境の問題なども題材になると思います。企業の経営理念も判断の拠り所として、迷ったときは常に振り返られるものであってほしいですね。