ホーム > 新着情報 > 国語力は組織力?
新着情報
2019.05.17

国語力は組織力?

 Future SWOTカードゲームは、「自社の10年後」についてのビジョンを共有するためのツールです。カードには同じ質問が書いてあるため、「誰がやっても結果にバラツキが生じない」ことをセールスポイントにしています。ところが実際にやってみると、ゲームの成果として得られるビジョンについて、切れ味の鋭いものから何を言っているのかよくわからないものまで、だいぶ違いが出てきてしまいます。これはどうしたことなのでしょうか?

 最大の理由は、参加者の資質による違いです。本気で将来を担う期待の若手と、将来のことなどあまり考えていない問題意識の薄い人とでは、同じ問いかけに対する反応の違いも月とスッポンです。なので、参加者の選定には細心の注意を払いましょう(逆に、参加者の資質を問わず実施することで、広く問題意識を呼び起こすという使い方もあるので、その場合は成果に目をつぶる必要性が出て来ます)。

 今一つの理由は、「本当に会社の未来が難しい」という場合です。たとえば人口減少が続く地域の公共交通機関など、いわゆる限界産業・衰退産業についてのセッションでは、さすがのFuture SWOTも明るい未来を描けないという場合が出て来ます。もっともFuture SWOTを実施しようとするからには、どこかに自社の可能性を感じている≒限界産業ではない場合がほとんどだと思われますので、この要素が該当する場合は多くないと思います。

 もう一つ、主催者側に起因するものとしては「ファシリテータの国語力が弱い」という理由があります。つまり、参加者の口からある程度の情報は出てきているのに、発言内容を上手く整理できなかったり、重要な発言のカケラを上手く拾えなかったり、ということが発生しうるのですが、そうなると折角参加者から発信された情報が成果につながらないことになってしまいます。

 セミナー等で私はいつも、Future SWOTの成否はファシリテータの国語力にかかっている、と申し上げています。人の発言をよく聞く力、大意要約をする力、重要な情報を抜き出す力、組み合わせてわかりやすく表現する力などがそれにあたります。どれも小中学校で国語の力として評価された項目です。学歴や職位は全く関係ありませんが、この「国語力」だけは本当に重要な力です。Future SWOTをやってみようとされている方々には、ぜひこの点を心してファシリテータの人選を行って頂きたいと思います。