ホーム > 新着情報 > アイディアを自在に扱う
新着情報
2019.03.07

アイディアを自在に扱う

仕事でピンチを迎えて打開策を考えなくてはならない状況で、「考えに詰まる」とか「アイディアが出てこない」という場面を経験したことのある方は少なくないと思います。逆に、風呂に入っているときや通勤電車の中などで、ヒラメキが湧いたり解決策のヒントが「降りて来た」という経験をしたことのある方もいらっしゃるのではないでしょうか。アイディアは必要な時に詰まり、必ずしもそうでないときに湧いて出る、どうしてそんなことが起きるのでしょう?

頭脳の中で「思いつき」「発想」、はいつどのようにして生まれるのか?これまでさまざまな研究がなされてきているようですが、そのメカニズムを科学的に解き明かしたという話はまだ聞いたことがありません。それでも日々、何気ない言葉のやり取りや目に映る様々な景色から、人はアイディアを思いつくのです。最近の朝ドラでは、インスタントラーメンの開発者が妻の上げる天ぷらからヒントを得て製法を考え付いたというエピソードが紹介されていましたが、これこそが象徴的な話です。

他方で、本当にアイディアを欲している人からすると、いつまでも思いつきが降りてくるのを待っているというわけには行きません。事実、ビジネスの世界を中心にアイディアを意図的に生み出す取り組みは世界中で長年続けられてきた実績があります。

連想的発想法としてのシネクティクス法やNM法、構造的に事実関係を可視化するKJ法、経過する時間と場所から問題点を洗い出すKI法、パターン分析に基づく発想法であるTRIZ法、論理的に段階を追って考えを詰めてゆくKT法など、体系化された技法は受け継がれ、世界中のさまざまな場面で使われています。身近なところでは、オフィスでよくつかわれるブレーンストーミングや、大人数のワークショップで活用されるワールドカフェなども、発想を刺激するという意味では有効な手法です。

時代は変わり、現在はたとえば人工知能によるビッグデータの観察など、人間の能力が及ばないスケールの取り組みに焦点が移ってきています。それはそれで素晴らしい発展なのですが、そもそもビジネスのとある場面で求められる小さなアイディアを扱うにはやや器が大きすぎるという難点があります。いずれそのうちAIが発達して、日常の細かなアイディア出しまでスマホが面倒見てくれるようになるのかもしれませんが、とりあえず今日そのようなサービスはまだ存在しないわけですから、それは人間が額に汗して取り組まなければならない課題なのです。

私が提案しているFuture SWOTも、参加者が自社の未来について考えを出し合う手法ですから、広くとらえれば発想法の一類型として整理できるのかもしれません。ただ、組織の未来を考えるためだけに開発された専門的なツールですから、その意味での汎用性はありません。それでも普通の企業をはじめ、役所や病院など、さまざまな組織でお使いいただけるように作られていますので、未来について考えるというテーマであれば、かなり広い範囲で活用いただけます。

おかげさまでこのほど、入門書の出版も決まりました。これを機に幅広い分野で普及を進めて行きたいと考えています。会社の未来を考えるために、アイディアを縦横無尽に駆使できるツールFuture SWOTを、どうぞよろしくお願いします。