ホーム > 新着情報 > コンサルティングに社長が期待することと、Future SWOTができること
新着情報
2019.01.29

コンサルティングに社長が期待することと、Future SWOTができること

「先生、〇〇をよろしくお願いします。」企業経営者からそう言われると、多くの場合は受注につながる話になるので、コンサルタントとしては大変嬉しいと同時に身が引き締まる一瞬でもあります。では、経営者の側はコンサルタントに何を期待するのでしょうか。

 一般論としてよく言われるのが売上向上、だと思うのですが、どうもそれだけではないようです。たとえばFuture SWOTが提供する「社内コミュニケーション」や「アイディアの掘り起こし」に魅力を感じていただける場合も少なくないようですし、「若手の動機付け」や「意識改革」が目的です、と言う場合もあります。単純にスキルを高めたいという人もいれば、本当に会社の将来を見通してみたい、というニーズもあって、実に様々です。

 会社ごとに異なるニーズを的確に捉えてコンサルティングメニューを調整するため、受注後の個別相談は重要な機会となります。ここで明快な到達点が見えればその事案は半分以上成功したと言ってしまっても過言ではありません。

 でも、場合によってはニーズの核心がすぐには見えてこないことがあります。実力会長の下で実は修行中の社長だとか、複数の実力者がいて合議制に近い場合など。でも、そもそもこういう会社の場合だとFuture SWOTを実施できる環境が整っていない場合が多いので、多くはセミナー止まりのご縁に終わるのではないかと思います。

 Future SWOTは、「いかにして経営理念を実現させるか」という課題に真正面からアプローチするため、どうしても現状肯定的な色合いが出てしまいます。その意味で、経営理念は盤石なものであってほしいというソリューション側のニーズ(?)があり、蒙昧とした経営環境ではその力が発揮できないのです。この点は予めよくわかっていただいた上でお使いいただく必要があるわけです。

 コンサルティングについても、まずはセミナーで中身をよくわかっていただき、それを前提にして個別相談で到達点を確認する。そのような手順で対応することによって、経営者のニーズに正しく対応できるよう心掛けているのです。