ホーム > 新着情報 > バックキャスティングという考え方
新着情報
2019.01.15

バックキャスティングという考え方

最近、テレビや新聞などでよく「バックキャスティング」というコトバをみかけるようになりました。その意味するところは、ゴールを設定したらそこから逆算して、いつまでに何が出来ていないといけないか、を見積もったうえで全体の工程を考える、ということのようで、作成されたスケジュールは「逆算工程表」などと表現されたりします。この考え方には、単なる工程予測以上の重要な使い道があるのですが、それは何だと思いますか?

バックキャスティングの反対語はフォーカスティングだそうです。フォーカスト、とは天気予報(weather forecast)のように「予想する」すなわち現在を起点にして将来どうなるかを見積もる際に使われる概念です。いわば積み上げなのですが、バックキャスティングはゴールが決まっていて、それを起点に後ろ戻りの積算を行う点が大きく違うということですね。

このように対比的に考えるとよくわかると思うのですが、フォーカスティングの場合は予測の積み上げである分だけブレやバラつきが生じる可能性を内包しているのに対して、バックキャスティングの場合はゴールが達成できている状況を実現する「そのためには」ということで、必要十分条件を必ず満たすことを求めてくる分だけブレやバラつきの発生が許されなくなるのです。

いずれも、未来を考えるためのアプローチであることに違いはないのですが、フォーカスティングがある程度の柔軟性をはじめから織り込んだものであるのに比べると、それを極力排除しようとするバックキャスティングの取り組みは、いざ実践しようとすると大変味気ないものになるのだろうな、ということが見えてくると思います。

本来プロジェクトというのは、やってみると思っていたことと違うことが起きるのが当たり前の仕事なので、その中で思っていたとおりの工程を実現しなくてはならない、というのは大変厳しい話なわけです。

そこでご想像いただけると思うのですが、バックキャスティングで描いた工程表は、実績との差異を見極めるための基準点としてお使いいただけるという点が「重要な使い道」だということです。「ゴール達成のためには今日までにこれとこれが出来ていないといけない(バックキャスティングにより算定された必要十分条件)のに、実際にはこれとこれしかできていない(実績)。その差はかくかくしかじかの理由による(差異分析)。」という情報を関係者間で共有できれば、プロジェクトの進捗に関する危機感も同時に共有できるわけです。差異分析が吸収できないほど大きくなれば、ゴールを見直す必要性が高まります。そのうえで再度バックキャスティング工程表を引きなおし、プロジェクトを進めてゆく・・・。

さまざまな業界のさまざまな現場で、プロジェクトと名の付く仕事が進められていると思います。その中で意図せずに同じことをしていたという方もいらっしゃるかもしれません。そうであれば次の機会からは、意識的にバックキャスティングによる工程見積もりと、差異分析による見直しを制度的に取り入れてみてください。関係者間の摩擦がぐっと少なくなること請け合いです。