ホーム > 新着情報 > 絵に描いた餅を現実のものにするには
新着情報
2019.01.08

絵に描いた餅を現実のものにするには

あけましておめでとうございます。年末のお休みからようやく復帰いたしました。今年もFuture SWOTをどうぞよろしくお願いいたします。

大学の授業や企業の研修で課題解決型のワークショップを実施すると、解決策について参加者からはさまざまなアイディアが出て来ます。多くの場合、グループワークを通じた精製工程を経て、数々のアイディアは整理統合され(あるいは淘汰され)、課題に対する対策として発表されます。ここまではよくある話でありまして、いわば「絵に描いた餅」の段階だと言えます。良い案であれば企業では特に、それを現実化することが求められるのですが、ではどうすれば「絵に描いた餅」をうまく現実化できるのでしょうか?

むろん、責任者による意思決定を経て「これを現実化せよ」という業務課題になってくれることが前提の話ですが、業務課題になった途端、担当者はさまざまな制約条件との格闘を強いられることになるはずです。なぜそうなのか?についてプロジェクト工学の前田考歩さんは、以下のような視点を提供してくれています。

① やったことのない仕事の勝利条件は事前に決められない
② プロジェクトにおいては、こうあれかしと考えて立案した施策が想定を超えた結果をもたらす
③ プロジェクトの課程における諸施策の結果もたらされる状況は、即座に次の局面における制約条件となり、時にプロジェクトの勝利条件そのものの変更すらも要求する

ちょっと難しいコトバが続きましたが、勝利条件というのは「要はこうなりゃ成功」という、高跳びのバーみたいなものを想像いただければと思います。で、施策とは何か資源と時間を使って能動的に行う作業のことで、とりあえずゴールを決めていろいろやっていると、予期せぬ展開が起きて、その結果「要はこうなりゃ成功」と思っていた条件すら満たせなくなることがある、と言う話です。

ではどうすれば良いのか、ということですが、詳しくは前田さんの「予定通り進まないプロジェクトの進め方」(宣伝会議 刊)と言う本をお読みいただくとして、Future SWOT的に言うと「絵に描いた餅」のあり方をしっかり議論して、最低限どこまで実現しなくてはいけないのかを確認しておく、と言うことに加え、実施段階での内的コミュニケーションを徹底させることによって、担当者がいち早く危険因子を見つけて除去できる体制を取る、ということになりますね。そもそもFuture SWOTには内的コミュニケーションを促進してくれる効能がありますので、まずこの部分をしっかりと作り込んでおいてから現実化のプロセスへと入って行ける分だけ、トラブルへの耐性を高めた対応が可能となるのです。