ホーム > 新着情報 > 議論の中身を一目瞭然に表現するために
新着情報
2018.12.18

議論の中身を一目瞭然に表現するために

 仕事をしていると時々、ややこしい話をそれでもまとめて他人に説明しなくてはならない羽目に陥ることがあったりしませんか?個人が考えたことを表現するためのツールとしては、マインドマップやマンダラチャートなど、ビジュアルに訴える手法が人気です。さらに最近ではパワーポイント(マックならキーノート)の作図機能のおかげで、時間さえかければ込み入った話を一目瞭然に表現することができるようになってきました。ところが同じことをグループワークでやるにはどうすれば良いか?と言う部分では意外と進歩していなかったりします。

 古典的には表やグラフを使ったり、箇条書きにしたり、模造紙に小学生の壁新聞よろしくレイアウトしてみたりと、さまざまな工夫がありますね。ポストイットを模造紙に貼ってあれこれ組み合わせを変えてみる、といった手法はよく使われていると思うのですが、「グループ」ワークと「パーソナル」コンピューターが今一つ相性が良くないことも手伝って、この世界はなかなかアナログなまま取り残されている感じです。もう少し時代がニーズに追いついて来れば、巨大なタッチスクリーンが一般化するのかもしれませんが、今のところ模造紙・ホワイトボードとマーカーが絶滅しそうな気配はありません。

 でもデジタル化されていないからと言って、グループワークを一目瞭然に表現することの重要性が否定されているわけではありませんで、いわゆるブレーンストーミングのプロセスを後から共有するなど、できたら良いのにというニーズは確実に存在しています。人的に余裕のある職場であれば、パソコンを抱えた書記を一人立てる、という方法もあると思いますが、常にそうできる職場は必ずしも多くはないでしょう。

 ネットワークを使って、議論しながら皆が自身のパーソナルデバイスに向かって同じ素材を加工しあう、というソリューションもないわけではありませんが、やはり一つのホワイトボードに向かって議論するのとでは刺激の度合いが違ってきます。

 議論を煮詰めながら、同時に一目瞭然の形に表現するための手法として、その昔KJ法やNM法という「発想法」が人気を博した時代がありました。NM法は連想による発想を軸としますが、ビジネスで使うKJ法は議論で出された「似たもの情報」の大意要約を繰り返し、情報相互の位置関係をビジュアルに表すことによって「要は何が話されたのか」を表現しようとする手法です。

 全体観を押さえながらも「要は何が話されたのか」を煮詰めて共有できるという部分において、デジタルなソリューションとは一味も二味も違う長所を持っているKJ法ですが、人知に負う部分が大きいことに加えて模造紙やラベル、ゼムクリップなどのツールがとってもクラシックなこともあってか、半ば古典芸能化した感があります。いわば算盤と同じような運命をたどっている、ということでしょうか。

 手法としてのKJ法は使われなくなったかもしれませんが、大意要約を繰り返すことで要旨を明らかにしてゆくというアプローチそのものは決して陳腐化したわけではありません。むしろデジタルの世界でこそ、分かりやすく資料をまとめる上でのコツとして、その重要性は増しているのではないかと思います。大意要約に長けたモデレータがまとめるグループワークは、その品質においてそうでないグループのものとは全く違った輝きを見せてくれます。

 あなたの会社では、社員の大意要約の能力を重視していらっしゃいますか?