ホーム > 新着情報 > 社内コミュニケーションの進め方:「メシでも食おうか」を切り札にするには
新着情報
2018.11.06

社内コミュニケーションの進め方:「メシでも食おうか」を切り札にするには

 社内のコミュニケーションを円滑に行うための有効な手段の一つが食事を一緒に取ることである、と言う考え方に異論を唱える方は多くないと思います。部・課ごとの昼食会や、若手の朝食勉強会、忘年会・新年会に歓送迎会など、会食は会社生活と切っても切れないものです。でも、サシで食事をするとなるとその意味は少し変わってきます。特に、社長から「メシでもどうだ?」と言われたりすると、つい身構えてしまうのが社員の人情ではないでしょうか。
 
 食事の誘いもそうですが、普段やりつけていないことをされると、された相手は当然ですが身構えます。そうすると、食事の最中も誘われたことの意味を考えたり、問いかけに対して慎重になったりと、せっかくの食事がホンネを語る前に終わることにもなりかねません。

 この段差を乗り越えるためには、社長との食事を普段のことにしてしまえば良いのです。そうは言っても忙しい社長にとって、なかなか社員とサシで食事を取る機会を設けるのは難しいと思います。そんな場合の対策として提案したいのが「ゆるい定例化」という方法です。これはたとえば「毎週決められた日に社長が社員と昼食を取る、それは社内コミュニケーションの円滑化が目的で、特にそれ以上の目的はない」という趣旨のお触れを出しておく、というもので、予めスケジューリングしたりせず、運用の中でこなしてゆくという方法です。

 毎週火曜日はなるべく社員と昼食、と決めた社長がいるとして、具体的な予定を決めているわけではないので、社員全員に振られる週もあるかもしれません。また、突発的な仕事が入って実施出来なかったり、社外の用事で時間が取れなかったりするかもしれません。それはそれで良いのですが、ここで大事なことは「実績の振り返り」で、毎月最後に今月は何回食事できたか、そこで何が得られたかを、社長自ら振り返ることなのです。

 振り返って確認できたことは、基本的には社内で共有するのが良いでしょう。むろん、社員のプライバシーに関する情報などは多少の配慮が必要だと思いますが、社長として得られた気づきや新たな発見は、社内で共有される意味のある情報であることが多いのです。

 慣れないうちはどうしても社長の独演会になってしまいがちで、月末に振り返ると実は何も得ていなかった、ということも起きがちです。はじめのうちは仕方がないのですが、社長の側に「コミュニケーションは双方向であるべき」という思いがあれば、そのうち自然に社員からの発信がなされるようになるはずです。

 このやり方が良いのは、「ゆるい定例化」を実践しておくことで、本当に一対一で話す必要がある場合でも、社員に身構えられることなく食事の機会を持てることです。そのためには、「ゆるい定例化」が形骸化しないよう、ある程度の頻度で社員とサシの食事を実施しておく必要があります。少なくとも月イチ、できれば2回以上実施しておくと、空手形に終わることなく社員とのホットラインを確保できます。
 
 あなたの会社では、社長と社員がサシで話せる関係が構築されていますか?