ホーム > 新着情報 > IT化と社内コミュニケーション
新着情報
2018.10.29

IT化と社内コミュニケーション

ひところ、IT化の弊害としてよく指摘されたのが、職場でフェイストゥフェイスのコミュニケーションが減る、もしくは成り立たなくなるというもので、隣の席にいる人とさえメールやチャットで済ませるといったような事例がまことしやかにビジネス書を賑わせたことがありました。本当はどうだったのでしょうか?

その後一体どうなっているかというと、職場でさまざまな取り組みが導入される中で、フェイストゥフェイスのコミュニケーションが持つ価値も見直され、それはそれなりに大事にされているのが現状のようです。それでもなお、隣の人とメールやチャットをする理由は声を立てず静かにやりとりできる、話している内容が残る、などのメリットがあるため、時と場合によって選好されているということのようですね。

近頃は家族とさえ、LINEでのやりとりが中心になっていたりします。たしかに日中はそれぞれの都合で職場や学校にいる時間が長く、帰宅する時間も食事の時間も違うことの多い現代の家族では、絆を繋いでくれる重要なツールとしてLINEを手放せなくなっていることも事実だと思います。

LINE以外にもインスタグラムでビジュアル情報を共有したり、シェアリングエコノミーを仲介するさまざまなアプリの使用についてアドバイスしあったり、家族のコミュニケーションそのものがスマホ上で深化するような流れさえ出てきています。

ここでメールやチャット、各種のアプリが提供してくれているそれまでなかった利便性は、むしろ生活を豊かにしてくれていると言えるかもしれません。

家族が離れて暮らしているような場合には一層その効果が顕著です。かつて私が海外、それもアフリカに駐在していた時代には、日本にいる家族の声を聞くのもおカネがかかって大変でしたが、今では撮った写真をすぐにアルバムで共有出来たりします。その意味では物理的距離も時差も、今や大きな障害ではなくなりました。

他方で、ITによるコミュニケーションが絶対に代替してくれない部分がありまして、フェイストゥフェイスのコミュニケーションが持つ、濃密で確実で、しかも第三者が見ることのできる記録には残らない(ここが大事)という性質のやり取りがそれなのですが、フェイストゥフェイスであるからこそ話せることがら、というのもあるわけです。

あなただけを信頼して、あなただけにはお話しします、というとなんだか深刻に聞こえますが、よしわかった、聞こうじゃないか、という態度で真正面から受け止める対応の仕方は、大変深い信頼関係を表すもので、このような信頼関係を醸成することは、どんなに発達したIT技術をもってしても今のところ代替できない重要な要素だと思います。

だとすると、職場の人間関係を規定するのもまたフェイストゥフェイスのコミュニケーションである、という部分はどうやらここしばらく変化しそうにはありませんね。

あなたの会社ではフェイストゥフェイスのコミュニケーションを大切にするための取り組みを講じていますか?