ホーム > 新着情報 > コラム

コラム

2019.07.05

「Future SWOTが組織を変える」出版記念パーティによせて

去る6月25日、都内で「Future SWOTが組織を変える」の出版を記念するパーティを開催させていただきました。本が世に出るまでの間にお世話になった方々を中心に、総勢15名のこじんまりとした集まりだったのですが、Future SWOTユーザー、コンサルタント、出版業界人、中小企業診断士、異業種交流会関係者など多士済々でした。参加者によると、お互いのネットワーキングがとても刺激的だったらしく、大変盛り上がった会になりました。ここで私が何を考えたかというと・・・

 私としても、先々Future SWOTをどのように運営してゆくのか?という課題について、まだ明確な答えを有しているわけではありませんが、ユーザーの方々を中心として、ゲームの品質を改善してゆくためのプラットフォームは持っていたいと思っています。Future SWOTを実施した企業や団体の担当者同士がお互いの事例について情報交換できるような場みたいなイメージです。学会的なものだとちょっと堅苦しいので、やっぱりお酒とおつまみがあったほうが良いのかなと。

 その意味で、今回は「出版記念」でしたが、来年また同じころにユーザーさんを中心とした、今回とはちょっと違ったメンバーでパーティが出来たら面白いだろうなと思っています。事業として回るようになってきたら、パーティの頻度も多くしても良いと思いますし、地域ごと、あるいは業種ごとの集まりなども面白いだろうなと思っています。

 でも、何はともあれ今のFuture SWOTは、実績作りが大切な段階であることに疑いの余地はありません。これで手を抜くことなく、引き続きしっかりと営業努力を続けて行きたいと思います。今後ともどうぞよろしくお願いします。

2019.06.26

人は人と働いて幸せになる動物だという話

最近、様々な機会でFuture SWOTについて紹介することが増えてきたのですが、そのたびに「基本的に、人は人と働いて幸せになりたいのだ」という洞察が深まってきたと感じます。どうしてそのように感じるのでしょうか?

 Future SWOTそのものはごく単純なコトバ遊びのカードゲームに過ぎません。主には参加者とファシリテータ、せいぜい複数の参加者の間で交わされる会話があるだけで、会社の10年後についてさまざまな連想を書き連ねてゆくだけのプロセスです。

 それでも、10年後のわが社がどうなっていると思うか?という共通の質問について、参加者の多くはさまざまなアイディアを繰り出してきます。その多くが他の参加者もうなずくような、すでに共有されている情報であることが多いのですが、それでも他の参加者が何を発言するかについて、多くの参加者は耳を凝らして聞いています。

 多分それは、日々同じ会社で仕事をしている仲間として、仕事をどのように捉えているかを知りたいという潜在的な欲求があるからではないかというのが、今のところの私の仮説です。

ベストセラー「日本でいちばん大切にしたい会社」の著者である法政大学の坂本光司先生は、人間が必要とする4つの幸せについて、以下のように述べています。それは① 人に愛されること、② 人に褒められること、③ 人の役に立つこと、④ 人から必要とされることだそうで、このうち①を除く3点は仕事を通じて達成される幸せだと言います。

 だとしたら、同じ職場の仲間たちはどうやって②~④を達成しているのだろうか、会社の先行きをどのように見ているのだろうか、という点に関心が向くのも至極妥当なことだと思うのですが、反面で「幸せについて聞く」というようなコソバユイ議論は、それこそお酒でも入らないとなかなか正面切ってできるものではありません。

 その機会を、カードゲームという仮面をつけたFuture SWOTは、ごく自然に提供してくれるのです。その機会を通じて参加者は、同僚たちと一緒にどうすれば更なる幸せを求めて行けるのかを究明すべく、耳を凝らしてゲームに参加してくれているのだと、私はそんなふうに観察しています。

2019.06.22

Future SWOTカードゲームの使い方を詳しく記した「Future SWOTワークブック」無償配布します

このほどFuture SWOTカードゲームのユーザー様に向けて、使い方を詳しくまとめた参考資料を作成いたしました。

当ウェブサイトでは、PDF版を無償で配布いたします。

問い合わせフォームからメールアドレスと氏名を入力して「Future SWOTワークブック希望」と明記したメッセージを頂ければ、折り返しPDF版をお送りいたします。

Future SWOTワークブック申し込みフォーム